入部のご案内

事前にお伝えしたいこと

草ヶ江ヤングラガーズクラブ(以下、草ヶ江YRC 略)はボランティアに支えられたNPO(特定非営利活動法人)のラグビークラブです。
専門の指導者に子どもの指導を委ねるラグビースクールやラグビー教室の形式とは異なり、お父さん、お母さんが協力し合って子どもたちの指導、育成を行っています。

コーチは子どもが幼稚園、小学校の間は我が子の在学学年以外の学年の子どもたちを担当します。
そこには我が子の数十倍の子どもたちの成長に携わることの出来る喜びがあります。

その喜びこそが創立1970年以来45余年にわたり草ヶ江YRCを支えてきた原動力、即ちボランティアの喜びです。毎日曜日、3時間の練習ですが、その成果は子どもたちの心と身体の中に着実に蓄積されています。

入部1年目に新入部員全員が親子で参加する新人研修(1月~3月)、コーチの先生と仲間達と頑張る3泊4日の夏合宿、遠征でのホームステイや交歓試合などなど、子どもたちは新たな経験を重ねる度に蓄積を糧としてひとまわり大きくなっていきます。
子どもたちのひたむきな姿に教える側が教えられ、成し遂げた感動に、はからずも目が潤む。

「草ヶ江は親が一番勉強になる」そんなクラブです。

新人研修

入部初年度に親子一緒に受けていただく必須の研修です。
1月~3月に練習とは別会場で新人研修担当の指導者により行われます。
ラグビーに限らずあらゆるスポーツに必要とされる柔軟性、持久力、正しい走り方、敏捷性などを身に付けることと、保護者の方に草ヶ江YRCの精神である一緒に頑張る喜びと、子どもたちの能力の素晴らしさを体験していただくことが本研修の主旨です。

クラブ概要

名称 NPO法人 草ヶ江ヤングラガーズクラブ
代表 片渕 善裕
設立 1970年(昭和45年)6月
対象年令 年長児から中学生
※年中さんはご相談ください。
練習日 毎週日曜日9:00~12:00
※中学生は土曜日練習あり
主な練習場所 幼・小学生 主に小戸公園、福岡歯科大学など
中学生 主に福岡歯科大学など
在籍人数 幼稚園児から中学生まで約200名の子ども達と、100名余の指導者
主な出身選手 村田亙 - 専修大学ラグビー部監督、元日本代表 ikipedia
鬼束竜太 - 宗像サニックスブルースアシスタントコーチ、元日本代表
月田伸一 - 元日本代表
川嵜拓生 - 九州電力キューデンヴォルテクスFWコーチ兼スキルコーチ、元日本代表
淵上宗志 - 西南学院大学ラグビー部ヘッドコーチ、元日本代表 ikipedia
垣永真之介 - サントリーサンゴリアス所属、サンウルブズ、日本代表 ikipedia
など、多くのトップリーガー・日本代表を輩出

(所属、役職は2016年5月現在の情報に基づき掲載)

費用に関して

入会金 5,000
年会費 20,000 円(スポーツ安全協会損害保険料を含む)
※ 年会費は入部時期によって減額計算されます。
練習着等 幼・小学生 18,300 円~19,300
中学生 27,500


クラブジャージ(2着)、パンツ、ストッキング、ヘッドキャップ等
その他、シューズ(高学年4・5・6年以上は指定する靴)等は各自で用意。


指導者用ジャージ 5,000
その他 夏合宿費(小1より参加)、遠征費(バス代など)があり都度集めます。