何に対しても諦めない気持ちで臨むようになりました

公開日:(掲載内容は公開日時点に基づく情報です。)

大谷 翼さん(小6)くん(小4)

voice-otani-family

――入部した年齢とキッカケ
voice-tsubasa1 お母さん翼、響、共に、年中の5歳から始めました。何かスポーツをさせたいと考えていた時に、主人の会社の先輩の紹介で草ヶ江の話を聞きました。主人の父がラグビー経験者であったことや、周りにいる方からのラグビーに関する話を聞いて子供にとって、心も体も成長させてくれるスポーツではないかと思い入部することを決めました。
――入部して良かったこと、成長したところ
voice-hibiki1 お母さん入部して良かったことは、日曜日には必ず家族で過ごせることです。子供が成長してくると、だんだんと家族で過ごす時間も必然的に少なくなってきますが、日曜日は必ず一緒の時間をに過ごし、子供たちの成長を見ることができます。
成長したところは、子供たちは自立心が芽生えてきました。自分のことを自分でするという当たり前のことですが、それ以上に自分の使った道具やシューズなどを気持ちを込めて管理していくことの意味を考えるようになりました。また、ラグビーに対してはもちろんのこと、日々の生活の中でも頑張る気持ちをもって、いろんなことに取り組むようになったと思います。
――草ヶ江の楽しいところ
voice-tsubasa2 翼(つばさ)チームで協力してプレーすることで、仲間との信頼や絆を深める事ができます。また、練習以外でも、いろいろなイベントや合宿を通して、より仲間意識が深まります。ハードな練習を日々積み重ねていくことで、試合もより楽しくなっていきます。苦しい練習を乗り越え、試合で勝った時の、仲間と喜びを分かち合える瞬間が、ラグビーをやっていて一番嬉しい時です。

 - 保護者の声 ,