令和元年度 卒業式

公開日:(掲載内容は公開日時点に基づく情報です。)


草ヶ江ヤングラガーズクラブ、チーム・ユウスケ 22名の卒業式がパピヨン24ガスホールにて執り行われました。今年度の式典は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、卒業生とその保護者、最小限の関係者のみで規模を縮小して実施されました。


合屋会長より卒業生一人ひとりに銅板の卒業証書が授与されました。


在校生を代表して50代目主将カイトから先輩たちとの思い出が語られ、堂々と立派に送辞を述べました。


49代主将ユウスケの答辞。草ヶ江での思い出、関係者への感謝の気持ちを述べました。


小学1年から中学3年まで9年間のクラブ公式行事を全て出席したスーパー皆勤賞が表彰され、今年はヒロトとツバサの2名が表彰されました。
ヒロトは入部当初から先輩方が大きなトロフィーを授与される姿に憧れてスーパー皆勤賞を目指してきました。自分自身も大きなトロフィーを授与される姿を後輩たちに披露してスーパー皆勤賞を目指して欲しいとの想いで臨んだ卒業式が新型コロナウイルスの影響により在校生不在の式典となってしまいましたので、この場をお借りしてヒロトの想いを在校生へお伝えさせていただきます。


原口監督からは卒業生ひとりひとりの紹介がされ、愛情とユーモアに溢れた温かい言葉が送られました。
草ヶ江生活を振り返る卒業ムービーも素晴らしい内容で会場が感動に包まれました。
チーム・ユウスケの皆さんご卒業おめでとうございます!

 - 本日の草ヶ江